がんの治療方法のひとつ

がんの治療方法はいくつか種類があるものです。その中でも免疫療法はがんに打ち勝つ身体作りを考えていくことができる治療となっていますよ。こちらでは東京の病院で実施されている免疫療法に焦点を当てて、その内容を解説していきます。

免疫療法の仕組みを理解して治療に役立てましょう

救急車と積み木

免疫力を高める

肺がんなどが発症してしまうと、体の内部で発生した異常のある細胞を取り除いていく必要があります。その際に重要となるのが「免疫力」です。免疫力とは身体の機能として本来備わっている、自己防衛の仕組みと認識しておきましょう。免疫療法とはこれらの機能を高めるための治療法となっているのです。

看護師

二つの作用があります

免疫療法の作用は、二つに分類することができます。肺がんの治療をする際にはがん細胞を攻撃する必要があるものです。免疫療法によって、免疫細胞が「攻撃」を行なう力を高めることができます。そして免疫細胞は、がん細胞からの攻撃をかわす力が必要となります。免疫療法によって、がん細胞の攻撃から免疫細胞を守るための力を向上させることができます。

こんな症状はありませんか?聴神経腫瘍に見られる症状

  • 耳の聞こえが悪くなる
  • 顔がしびれる感覚がある
  • 顔の筋肉が動きにくくなる
  • めまいが発生する
  • 食べ物を飲み込みにくくなる

症状が悪化していく前に

上記で紹介した症状は、聴神経腫瘍の患者にみられた症状です。聴神経腫瘍は時間をかけて症状が進行していく病気となります。症状が進んでしまうことによって治療が難しいものになってしまいますから、なるべく少しの異常を感じた段階で医療機関を検討する必要があるでしょう。

定期検診を受けることが大切

どんな病気でも早い段階で治療を行う必要があるものです。病気の進行度合いによっては、その治療内容も大きな規模となってしまうことが予想されますよ。特にがんは命の危険がある疾患ですから、定期的に検査を受けて病気の早期発見に努めるべきなのです。