効果を発揮するコツ

術後のマッサージで治療効果を高めることができます

世界各国で多くの人が利用している痩身治療の1つに脂肪溶解注射があります。メソセラピーという別名が付けられている治療方法ですが、日本の厚生労働省がその安全性を認めていますので、安心して利用することができます。脂肪溶解注射は、脂肪吸引手術とは異なり、体にメスを入れる必要がありません。体にほとんど負担がかからない方法であるため、海外では肥満治療の方法として利用されているケースが多いです。脂肪溶解注射を打つと、その部位の脂肪がドロドロに溶解されます。溶けた脂肪が血中に入り、3〜4週間かけて少しずつ便や尿として体外に排出されていきます。自然に代謝されることはないので効果をなかなか実感することができない人もいますが、脂肪溶解注射を打ったあとでマッサージを行うようにすると、痩身効果が出やすくなります。

エステ後に脂肪溶解注射を打つ人が増えてきました

エステサロンへ通って痩身エステを受けている人がたくさんいます。痩身エステには、ゴージャスな雰囲気のサロンで心地よい施術を受けることができるというメリットがある反面、痩身効果の出方に個人差があるというデメリットもあります。また、いったんは痩せることができたとしても、エステに通うのをやめた途端にリバウンドが起こってしまうケースがよくあります。そのため、最近では、痩身エステを受けた後で、施術の仕上げとして美容外科クリニックで脂肪溶解注射を打つ人が多くなってきています。痩身エステを受けると脂肪が柔らかくなりますので、脂肪溶解注射の効きが良くなります。ただ単に脂肪溶解注射を打つだけの場合に比べると、痩身効果が早く現れるようになりますので、この方法で治療を受ける人が増えてきています。