下肢静脈瘤の症状を改善させるためには医療機関へ

似ている病気があります

下肢静脈瘤は誰にでも起こりうる病気ですから、「もしかして?」と思った際には病院で受診することをおススメします。下肢静脈瘤と似ている病気としてエコノミー症候群が挙げられるでしょう。まずはこの二つの違いを把握しておくようにしてくださいね。

下肢静脈瘤とエコノミー症候群の違いとは

エコノミー症候群について

エコノミー症候群と下肢静脈瘤は全く違った病気として捉えておきましょう。エコノミー症候群では脚内部の奥深くに血栓ができてしまう病気となっています。血の塊が肺に移動してしまい、血管が塞がってしまうと重篤な症状となってしまうケースがあります。

下肢静脈瘤について

脚の静脈が膨れてしまい、目で確認できるようになっている状態が下肢静脈瘤の症状となります。下肢静脈瘤によって命が危険となることはありませんが、日常生活に悪影響が及ぼされてしまう病気だと言えます。10人に1人の割合で発症する、身近な疾患だと認識しておきましょう。

下肢静脈瘤の症状を改善させるためには医療機関へ

ナース

静脈の血が逆流する

下肢静脈瘤は、人間にしか見られない疾患となっています。その主な原因は、静脈の血液が逆流してしまうことです。静脈が逆流すると血液の流れが悪くなってしまい、静脈が膨れ上がってしまいます。

ドクターとナース

弁の異常

静脈の血が正しい方向へと流れるためには、足の筋肉の力が非常に大切となります。筋肉の働きによって、静脈の血液が心臓へと流れていくことができるのです。下肢静脈瘤が発症してしまう直接的な理由としては、逆流を防ぐための弁に異常が発生するためだと言われています。

病院

治療が必要

脚の静脈にある弁の機能が低下してしまうことで、下肢静脈瘤の症状が発生してしまいます。これらの症状は放置している事で治ることはありません。したがって下肢静脈瘤の治療をするためには、病院を利用する必要があります。症状をきちんと改善させるためには、名医に治療を依頼することも重要ですよ。