鼠径ヘルニアは手術が必要となるケースもあります

鼠径ヘルニアは手術が必要となるケースもあります

病院

どんな病気なのか?

鼠径ヘルニアとは発症してしまうと、手術をしなければならないケースもある疾患となっています。その症状はどのようなものなのかと言うと、小腸の一部分が皮膚の下まではみ出てしまう病気となっています。

メンズ

症状が悪化すると

鼠径ヘルニアは幅広い年齢層で発症してしまうリスクがある疾患です。鼠径ヘルニアの状態が軽度であれば、指で圧迫することによって小腸が正しい位置へ戻るものです。しかし症状が悪化すると、痛みを生じるようになったり、小腸が飛び出したまま戻らなくなってしまうケースもあるのです。

鼠径ヘルニアかもしれない!チェック項目5つ

  • 普段から重い物を持つことが多くある
  • 腹部に苦しい感覚がある
  • 腹部が腫れることがある
  • 立ち上がると腹部に違和感が生じる
  • 入浴時に脚の付け根が腫れる